主語をはっきり出して正確に伝える

原文
忙しい現代、わずかなプライベートな時間も自由にならない

改善例
私はとても忙しいので、わずかなプライベートな時間も自由にならない

主語のない文は、内容が不明確

主語を明確に出すことは、その文が何について書かれたか、その範囲を示すこと

原文
あのころはうれしいにつけ、悲しいにつけ、歌をよくうたったものだ。

改善例
あのころの私たちはうれしいにつけ、悲しいにつけ、歌をよくうたったものだ。

鉛筆が折れた。鉛筆の芯が折れた。
ボールペンが切れた。ボールペンのインクが切れた。

出典:伝わる!文章力が身につく本